路面状況の影響を受けない安定性

4WDは路面状況に関わらず、安定して走ることができるのが大きな特徴の駆動方式です。
四輪が全て駆動することによって、バランスよく直進をすることができるため路面からの影響を最小限に抑えることができ、安定した走りをすることができます。

二輪駆動の場合、駆動しているタイヤは二本しかありませんからどちらかあるいは両方同時に路面からの影響を受けた場合、安定性が大きく失われてしまうことに成ります。
一方、4WDの場合にはひとつやふたつのタイヤに影響が及んで、残りのタイヤがしっかりと路面を捉えることができるので安定性を失うことがないのです。

このように4WDというのは二輪駆動の倍の駆動輪があることによって、高い安定性を得ることができるようになっています。
そのため、4WDが活躍する路面というのは凍結路面のようにスリップしやすい状況ばかり思い浮かべがちですが、雨の日のように濡れた路面なども二輪駆動だと安定性を欠いてしまうことになりますが、4WDではそのような状況でも安定して走行をすることができます。
乾燥路面であっても、高速走行をすると微妙な路面の影響を受けやすくなりますが4WDであれば路面の影響を受けず、まっすぐ走ることができるのです。椅子01

Comments are closed.