パワー効率の良さ

4WDは悪路は雪道を走る時に大きな助けになってくれる、駆動方式ですがこれはどのようなものか良く知らないという人も多いですよね。
4WDはパワーを効率よくタイヤに伝えることができる、特徴のあるシステムになっています。
悪路走破性が高く走行安定性が高いのも、この効率の良さによるためです。

タイヤ四輪に力を伝えることができるというのは、それだけ効率よく前進する力を得ることができるということであり、安定した走りをすることができます。
二輪駆動の場合には力を伝えることが出来る、タイヤが二つしかありませんから車を動かすにしても二輪の力に頼ることになるため、効率が落ちてしまいます。
また大きな力を加えた場合、タイヤのグリップの限界が先に来てしまうことでタイヤが空転してしまうなどのロスが発生してしまうことになります。
しかし、タイや四輪全てに力が加わればそのような空転を最小限に抑えることができるので、エンジンのパワーを効率よくタイヤに伝えることができ、そこから地面へと効率よく力を加えることができるので高い走破性を手に入れることができるのです。

このように4WDというのは二輪駆動と比較した場合に、効率よくパワーを伝えることができるという特徴があります。

Comments are closed.