燃費の悪さ

4WDのデメリットとしてそのほかの駆動方式と比較して、燃費が悪いというものがあります。
その理由としては4WDというのは部品の数が多くなるだけに、車体の重量の増えるためその分だけより多くの燃料を消費してしまうことになるのです。

車にとって重量というのは燃費を悪化させる大きな要因のひとつであり、重ければ重い分だけエンジンはパワーを必要とするのでその分だけ燃料を消費してしまうことになるのです。
そのため、雪道などでの悪路ではその力を発揮する4WDも乾燥路面であれば重りを背負った状態となっての走行となってしまうことで、その分だけ余計に燃料代がかかってしまうことになります。
乾燥路面でも走行安定性などの利点はありますが、FFやFRなどの駆動方式が危険なほどに安定をしないというわけではありませんから、4WDの走行安定性というアドバンテージもそこまでいかすことができず、燃料を多く消費してしまうというデメリットが強調されてしまうことになるのです。
そのため、4WDの車を検討している時などにはFFやFRと比較して燃料代がかかるということを頭に入れて、それに見合うだけの4WDのメリットがあるのかを考慮することが重要です。椅子と絵画と花

Comments are closed.