Archive for the ‘未分類’ Category

高速走行への強さ

4WDは悪路の走破性ばかり注目されますが、高速走行時の安定性も優れています。
四つのタイヤ全てにパワーが伝わるため、バランスよく車を前に進む力を生み出すことができるので二輪駆動と比較しても高速で走行したときの安定性というのは大きく変わってくるのです。

二輪駆動の場合にはタイヤに力が伝わっている部分が二箇所しかないわけですから、路面のわずかな凹凸によってそのどちらかが影響を受けてしまうと、直進安定性に影響を及ぼすことになってしまいます。
市街地などで低速をしている場合にはそのようなわずかな影響というのは、気付きにくいものですがスピードが上がれば上がるほどその影響というのは大きくなりますから、わずかな影響によってまっすぐ走らないという状況になってしまいます。

しかし、4WDの場合には四つのタイヤが前に進もうとしているのでそのうちのひとつやふたつのタイヤに影響があっても、ほかのタイヤが前にいこうとするする力によってその影響を打ち消すことになるので、高い安定性を得ることができるのです。
更に高速で走行をしていると横風などの影響も強くなりますが、そのような場合にも4WDの場合には直進を維持しやすく高い安定性をもつことができるのです。

小回りができない

自動車にはいくつかの駆動方法があります。その一つが4輪駆動(4WD)です。4WDにはメリットもありますが、デメリットもあります。

小回りができない、というのもその一つです。つまり狭い道などで車を切り返したり、Uターンさせたり、狭い駐車場で駐車する場合などに、それがしにくいということです。

具体的には最小回転半径というデータでその自動車が取り回ししやすいかどうかがわかりますが、確かに4WDの車は不利な車種が多くなっています。

そのため、4WDはやめておこうか、と考える方も少なくないかもしれません。結論から申せば、取り回しがしにくいという点が嫌だと思うかどうかで決めてはいかがでしょうか。

あまり運転に自信がなく、車庫入れなども得意でないという方の場合、やはりもっと取り回しのし易い自動車を選んだほうがよいでしょう。

一方、たとえばUターンや車庫入れなどが得意だったり、失敗しても切り返せばよいとお考えであれば、そんなにデメリットとは言えません。

4WDには悪路や悪天候などでの走行安定性が高いというメリットがあり、降雪地帯などで重宝します。そういったメリットを考えれば、さしてこのデメリットは気にならないという方も多いことでしょう。

燃費の悪さ

4WDのデメリットとしてそのほかの駆動方式と比較して、燃費が悪いというものがあります。
その理由としては4WDというのは部品の数が多くなるだけに、車体の重量の増えるためその分だけより多くの燃料を消費してしまうことになるのです。

車にとって重量というのは燃費を悪化させる大きな要因のひとつであり、重ければ重い分だけエンジンはパワーを必要とするのでその分だけ燃料を消費してしまうことになるのです。
そのため、雪道などでの悪路ではその力を発揮する4WDも乾燥路面であれば重りを背負った状態となっての走行となってしまうことで、その分だけ余計に燃料代がかかってしまうことになります。
乾燥路面でも走行安定性などの利点はありますが、FFやFRなどの駆動方式が危険なほどに安定をしないというわけではありませんから、4WDの走行安定性というアドバンテージもそこまでいかすことができず、燃料を多く消費してしまうというデメリットが強調されてしまうことになるのです。
そのため、4WDの車を検討している時などにはFFやFRと比較して燃料代がかかるということを頭に入れて、それに見合うだけの4WDのメリットがあるのかを考慮することが重要です。椅子と絵画と花

デメリットを紹介

悪路走破性や走行安定性の高い4WDですがこれも万能なものではなく、いくつかのデメリットがあります。
それはまず第一に部品の数が多くなるだけ、その分車体が重くなってしまうというものがあります。
車体が重くなれば燃費は悪化してしまいますし、また曲がったり止まったりする動作が難しくなってしまいます。

次に部品の点数が増えるということはその分だけ、コストが上昇し価格が高くなってしまうというのも欠点のひとつです。
そして、部品が増えた分だけ故障する確率が高くなってしまうため、4WDはFFやFRと比較して故障しやすい駆動方式になっています。
また、走行安定性の高い4WDですが一旦スリップをしてしまうと四輪すべてが動いているだけに、車の制御をするのが難しく立て直すのが困難なのもひとつの欠点となっているのです。
4WDだから安全だと過信しやすいのもひとつの欠点であり、無理をしないことが重要なことになります。

4WDはメリットも多い駆動方式ではありますが、その一方で欠点もいくつか持ち合わせているものであるだけに欠点をよく理解して乗ることが安全に4WDの車を運転することに繋がるため、このような欠点を良く覚えておくといざという時に役に立ちます。椅子03

悪路走行への強さ

4WDのもっとも大きな利点のひとつが、悪路走行への強さになります。
未舗装道路であったり、雪道などでも安定して走行することができ他の駆動方式では走行をすることができないような場所でも、走ることができるというのが4WDの利点となっているのです。

4WDは四輪全てに駆動力が加わっているため、前に進もうとする力が二輪駆動から比較してはるかに強いので安定した走りをすることができるのです。
二輪駆動の場合、前輪あるいは後輪のどちらかの駆動輪が動かない状態になってしまえばそこから動くことができなくなってしまいますが、4WDの場合には四輪が動いているので前輪あるいは後輪が動かないような状態になってしまっても、前進することができるため悪路であっても走破することができるようになっています。
ただし、注意が必要な点としては4WDにも様々な方式がありどのような悪路にも対応することができるようにつくられた、高性能の4WDから雪道などのスリップしやすい場所での発進補助程度の役割しか持たない4WDがあるため後者の場合には極端な悪路は走破できないということもあります。
また、4WDとはいえど万能なものでもないので悪路を走る時には、安全に運転することが求められます。

メリットを紹介

4WD仕様の自動車は2WDと比べるとやや高額になる傾向がありますが、しかし4WDにはそれ相応のメリットもあります。
まず挙げられるのが、4つの車輪すべてを回転させて動くために走行時の安定性が非常に優れているということです。
これは特に雪道で輝くポイントであり、通常の2WDだと雪道の上ではエンジンの力が伝わっている車輪だけが動力となり、残りの2輪はただ引っ張られて回転するだけになりますから非常に滑りやすいのです。
この点に置いて4WDは4輪全てで走行するために安定性が非常に優れており、凍結路面などでも力強く走行してくれます。
またブレーキの制動力に優れているということも挙げられるでしょう。
4WDでブレーキをかける場合にはエンジンの力が伝わっている4輪全てを同時に停止させる必要がありますから、ブレーキを踏むだけで4輪全ての回転を落とすことになります。
これによってブレーキの制動力が非常に高くなり、急ブレーキを踏んでもスリップしづらいということになるのです。
北海道などの豪雪地帯では一般的に使用されている自動車でもほとんどが4WD仕様となっていますが、その背景には4WDにこうした特徴があるからだと言えるのです。椅子02

路面状況の影響を受けない安定性

4WDは路面状況に関わらず、安定して走ることができるのが大きな特徴の駆動方式です。
四輪が全て駆動することによって、バランスよく直進をすることができるため路面からの影響を最小限に抑えることができ、安定した走りをすることができます。

二輪駆動の場合、駆動しているタイヤは二本しかありませんからどちらかあるいは両方同時に路面からの影響を受けた場合、安定性が大きく失われてしまうことに成ります。
一方、4WDの場合にはひとつやふたつのタイヤに影響が及んで、残りのタイヤがしっかりと路面を捉えることができるので安定性を失うことがないのです。

このように4WDというのは二輪駆動の倍の駆動輪があることによって、高い安定性を得ることができるようになっています。
そのため、4WDが活躍する路面というのは凍結路面のようにスリップしやすい状況ばかり思い浮かべがちですが、雨の日のように濡れた路面なども二輪駆動だと安定性を欠いてしまうことになりますが、4WDではそのような状況でも安定して走行をすることができます。
乾燥路面であっても、高速走行をすると微妙な路面の影響を受けやすくなりますが4WDであれば路面の影響を受けず、まっすぐ走ることができるのです。椅子01

パワー効率の良さ

4WDは悪路は雪道を走る時に大きな助けになってくれる、駆動方式ですがこれはどのようなものか良く知らないという人も多いですよね。
4WDはパワーを効率よくタイヤに伝えることができる、特徴のあるシステムになっています。
悪路走破性が高く走行安定性が高いのも、この効率の良さによるためです。

タイヤ四輪に力を伝えることができるというのは、それだけ効率よく前進する力を得ることができるということであり、安定した走りをすることができます。
二輪駆動の場合には力を伝えることが出来る、タイヤが二つしかありませんから車を動かすにしても二輪の力に頼ることになるため、効率が落ちてしまいます。
また大きな力を加えた場合、タイヤのグリップの限界が先に来てしまうことでタイヤが空転してしまうなどのロスが発生してしまうことになります。
しかし、タイや四輪全てに力が加わればそのような空転を最小限に抑えることができるので、エンジンのパワーを効率よくタイヤに伝えることができ、そこから地面へと効率よく力を加えることができるので高い走破性を手に入れることができるのです。

このように4WDというのは二輪駆動と比較した場合に、効率よくパワーを伝えることができるという特徴があります。

特徴を紹介

東北や北海道など、雪国では車種を問わず4WD車、いわゆる四輪駆動車が多いです。四輪駆動車ときくと、漠然と「雪道に強い」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実際はどのような特徴があるのでしょうか。

メディアなどで目にするように、雪国の冬の道路状況は極めて厳しいものです。人が歩くのもままならないテカテカの道路を車が走ります。このような道路になぜ四輪駆動車がむいているのかというと、確実に言えることは「発進が容易である」ということです。
例えば、車が100の力で発進し、路面に30の力が加わると、タイヤが空滑りする状況だとします。通常2つの車輪でしか駆動しない車は、前輪の2輪に50ずつの力をかけて発進しようとします。一方、四輪駆動車は前後左右すべてのタイヤに25ずつの力が加わります。この場合、前者は駆動する2輪が30の力を超えているため、タイヤが空滑りし発進する事が出来ません。しかし、後者は一輪に加わる力が25である為に発進することが可能です。つまり、四輪駆動車は1輪にかかる力を分散させ、すべりにくいために「発進が容易である」わけです。
だからといって、雪道をばんばんとばして走っていては、せっかくの四輪駆動車も役に立ちません。安全運転を心がけましょう。